クレジットカードとカードローンとの金利の違いについて

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても買い物ができるという点では便利ですが、分割払いにすると金利が発生します。現金を用立てたい時にはカードローンが役立ちますが、返済時には金利に基づく利息を加えて、借入金+αを金融会社に支払う必要が生じます。クレジットカードを使って買い物をし場合と、カードローンがお金を借りて買い物をした時は、どちらが安く済むでしょう。クレジットカードは、翌月や、ボーナス期に一括払いにした時や、2カ月払いで支払いをすると、手数料は1円もかからない金融サービスです。利息が発生しないという点で、クレジットカードを使ったほうがいいことになるわけです。ただし、クレジットカードで決済をして、支払いを分割払いや、リボ払いで行った時は、また条件が違います。分割払いでクレジットカードの支払いを行う場合は、7%〜15%の金利から算出される利息が返済金に上乗せされます。1000万円の借り入れが審査で認められるような人は、金利3%前後で融資が受けられるといいますが、例外と考えていいでしょう。大抵は、限度額100万円以下で利用している人が多いので、カードローンの融資を受けるという時は18%の借り入れになることが想定できます。めいっぱい金利の低いカードローンを探すとして、銀行系の融資が使えるとしても、14%前後の金利を見込む必要があります。クレジットカードで買い物をしたほうが、カードローンでお金を借りるよりは、低い金利でショッピングをすることが可能です。支払いを2カ月払いや、一括払いにすれば手数料が発生しません。仮に買い物ではなく現金を調達したいという時は、低金利で利用できる銀行のカードローンがいいでしょう。